その膝の上のノートパソコンが危ない!PCと股間の熱い関係!

さて,外出先や自宅で、あなたはどんなふうにノートパソコンを使っているだろうか?

机やテーブルがない場所では、自分の太腿の上にパソコンを置いていないだろうか?

この行為、ちょっと待ってほしい!

パンツについてのページで注意を喚起した「オトコの股間、35度問題」である。

パソコンは使用していると次第に熱を発する。

膝の上で作業をすると、その熱が下半身に伝わりやすく、睾丸を温めてしまうことに。

いくらトランクスを穿いていても、これは熱に弱い精子には大打撃。

ノートパソコンの利用が陰囊の温度上昇に及ぼす影響についての興味深い研究結果もある。

ニューヨーク州立大学の研究者らによるものだ。

健康な29人の成人男性を対象にトパソコンを膝の上で1時間使った場合と、ノートパソコンなしで同じ時間、同じ姿勢でいた場合で、左右の陰嚢の温度を3分ごとに計測して、その推移を比較した。

その結果、右と左の陰嚢の上昇温度は、ノートパソコン操作時はそれぞれ、2 . 8度~2·6度、パソコンなしのときは, いずれも2 . 1度であった。

このことから,ノートパソコンを膝の上で操作するのは、パソコンからの放熱や姿勢の影響で熱がこもることによって陰嚢の温度上昇を招くことが確かめられた。

1回ごとの使用時間は短くとも、繰り返されることによって、精子形成にマイナスの影響を及ぽす可能性があるということを忘れてはいけないとはいえ,現代のビジネスマンにとって、ノートパソコンはなくてはならないツール。

その分をヴィトックスαを最安値で購入して補うのも良いが、パソコンは企業戦士の必需品なのだ。

であればこそ,その使い方には注意を払うべし、なのである。

どうしても膝の上で開かなくてはいけないときは、極力短時間で済ませよう。

「ちょっと5分」のつもりが、ついゲームやネットサーフィンに夢中に……とならないように。

その熱中が股間も熱くするので要注意だ。