不妊治療へのエントリーについて

不妊治療のドアをノックする前に。

このサイトは、「妊娠体質」を高めて、できる限り自然な妊娠をめざそうという趣旨のもとに書きました。

なぜなら、くり返しになりますが、本当は「妊娠体質」があるのに、その力を十分に発揮できていないために妊娠しないカップルが実に多いからです。

内科医である私がおこなっているフォローアップは、言ってみれぱ「内診台のない不妊治療」です。

今まで、他の産婦人科で不妊治療をしてきた人たちが、私のもとを訪れて、たくさん妊娠しているという事実は、多くのカップルに「妊娠体質」があることを物語っていると思いませんか?

しかし、すべての人がそれだけで十分と言っているわけではありません。

もちろん、医療機関の助けを必要とするカップルもいます。

そのような方たちには信頼できる医師との出会いがとても大切です。

私は不妊治療を否定するつもりはまったくありません。

たとえば卵管が両方とも完全に閉塞しているのなら,ベジママで自然妊娠は物理的に不可能です。

このような方は速やかに信頼できる不妊治療の先生を紹介しています。

ですから、私のカウンセリングを受けに来られ、専門的な不妊治療が必要であると判断して、紹介状を書いた方は大勢います。

さて、こうした大前提をふまえたうえでもう一度、「不必要な不妊治療は避けるべきだ」と、言いたいと思います。

そして、不妊治療のドアをノックする前にこのサイトをまずはゆったりと読んでみてください。

すでに不妊治療を受けている方も、ご自身の治療をより客観的に振り返るきっかけにしてください。

次にあげるチェックリストは、不妊治療に進むべきかどうか、ひとつの判断材料になるでしょう。

その上で、不妊治療が必要だと思われるのなら、ご夫婦の心をひとつにして、医療機関のドアをノックすればよいでしょう。

その場合でも医師があなたがたの「妊娠体質」を高める手助けをしてくれる、そんな思いで治療にのぞんでほしいと思います。