マイナスの印象を与える目元とは?目がコンプレックスに

目元の印象はその人のイメージにつながります。

生き生きと魅力的に見せてくれることもあれば、逆に、目元の印象によってマイナスのイメージを人に与えてしまうこともあります。

「生まれつき目の下に深いシワがあって、高校生の頃から”おばさん”と呼ばれていました」

「腫れぼったい目のせいか、いつも”眠そう””ぼんやりしている”と言われて」

「目の下のクマのせいで、不健康とか、陰気そうに見られがちです

クリニックにいらっしゃった方々の声です。

目の悩みは、一重まぶた、細い、小さい、下がり目、釣り目と言ったことから、目の周りのたるみ、くすみ、シワ、クマ、黒ずみなど様々です。

生まれながらのもの、環境や生活習慣などによる固定的なもの、加齢によるもの、あるいはその時々の体調によって生じるものなど、その原因もいろいろです。

※自分に自信が持てない

いずれにしても、目元の印象だけで、本来の自分のキャラクターとは異なるマイナスのイメージが出来上がるとしたら、ちょっと残念ですね。

目元の悩みがコンプレックスとなって、人と麺と向かって話せない、消極的になる、自分に自信が持てない。

そのことにより、表情そのものも輝きを失い、ますます暗いイメージになると言う悪循環。

どんな目元がいいか、悪いか、ということではありません。

ただ、目元がいかに「その人のイメージ」に大きく関わるか、顔の印象を決める大きなポイントになるか、よく知って欲しいと思うのです。