Q.ワキガ手術のために、入院や安静は必須ですか?

来年、就職するので、ワキガ手術を受けようと決心しました。

社会人1年生ともなれば、おそらく定期的、業務に追われて時間のないはず。

学生の身分で、ヒマな時が十分にある実際のうちなら、ゆったりした気分で手術を受ける事も可能なでしょうし、好きなケースに学校を休む事もできます。

ところが、超音波ワキガ手術を受けた人に聞いたところ、驚いたことに手術は30分ほどで終わってしまうというではないのですか。

その人にいわせると「もう、終わったの~」「たったこれだけ?」とあっけないくらい造作なくだったという事でした。

そんなに手間なくな手術なら、就職してからでもいいかな……という気もしてきたのですが、手術が終わったあとは如何になるのでしょうか?入院や安静は必須ないのでしょうか?澤井明子21才学生。

※A.超音波ワキガ手術を終えたあと、患者さんに感想を聞くと、そんなにの人から「えっ、もう終わりなんですか~」という返事が返ってきます。

約3十分で完了する超音波ワキガ手術は、\手術\というには、あまりにも早く手間なくに終わるため、あまり意気込んで来ると拍子抜けしてしまうかもしれません。

超音波ワキガ手術は局所麻酔で傷口も1針程度の縫合ですむ事から、手術したその日に帰宅できますし、入院の不可欠もないのです。

それだけに自身の行動には自身で責務を持っていただきたいと考えます。

誰にも告げずに手術を受けたのであれば、無論配慮してくれる人もいないのです。

手術がひとたまりもなく終わったといっても、体にメスを入れた事には違いないのです。

クリアネオを最安値で購入しても解決しなかったワキガの問題が落着された解放感から手術即日に羽目をはずすような行動をとる事は慎んでもらいたいと考えます。

不可欠以上に気を使用する事はないのですが、即日は安静を心がけてください。

その上肉体労働以外であれば、翌日から業務や学校にも行けますが、少なくとも1週間は自身が手術を受けた事を忘れないで、理不尽をしない暮らしを心がけてください。

その膝の上のノートパソコンが危ない!PCと股間の熱い関係!

さて,外出先や自宅で、あなたはどんなふうにノートパソコンを使っているだろうか?

机やテーブルがない場所では、自分の太腿の上にパソコンを置いていないだろうか?

この行為、ちょっと待ってほしい!

パンツについてのページで注意を喚起した「オトコの股間、35度問題」である。

パソコンは使用していると次第に熱を発する。

膝の上で作業をすると、その熱が下半身に伝わりやすく、睾丸を温めてしまうことに。

いくらトランクスを穿いていても、これは熱に弱い精子には大打撃。

ノートパソコンの利用が陰囊の温度上昇に及ぼす影響についての興味深い研究結果もある。

ニューヨーク州立大学の研究者らによるものだ。

健康な29人の成人男性を対象にトパソコンを膝の上で1時間使った場合と、ノートパソコンなしで同じ時間、同じ姿勢でいた場合で、左右の陰嚢の温度を3分ごとに計測して、その推移を比較した。

その結果、右と左の陰嚢の上昇温度は、ノートパソコン操作時はそれぞれ、2 . 8度~2·6度、パソコンなしのときは, いずれも2 . 1度であった。

このことから,ノートパソコンを膝の上で操作するのは、パソコンからの放熱や姿勢の影響で熱がこもることによって陰嚢の温度上昇を招くことが確かめられた。

1回ごとの使用時間は短くとも、繰り返されることによって、精子形成にマイナスの影響を及ぽす可能性があるということを忘れてはいけないとはいえ,現代のビジネスマンにとって、ノートパソコンはなくてはならないツール。

その分をヴィトックスαを最安値で購入して補うのも良いが、パソコンは企業戦士の必需品なのだ。

であればこそ,その使い方には注意を払うべし、なのである。

どうしても膝の上で開かなくてはいけないときは、極力短時間で済ませよう。

「ちょっと5分」のつもりが、ついゲームやネットサーフィンに夢中に……とならないように。

その熱中が股間も熱くするので要注意だ。

不妊治療へのエントリーについて

不妊治療のドアをノックする前に。

このサイトは、「妊娠体質」を高めて、できる限り自然な妊娠をめざそうという趣旨のもとに書きました。

なぜなら、くり返しになりますが、本当は「妊娠体質」があるのに、その力を十分に発揮できていないために妊娠しないカップルが実に多いからです。

内科医である私がおこなっているフォローアップは、言ってみれぱ「内診台のない不妊治療」です。

今まで、他の産婦人科で不妊治療をしてきた人たちが、私のもとを訪れて、たくさん妊娠しているという事実は、多くのカップルに「妊娠体質」があることを物語っていると思いませんか?

しかし、すべての人がそれだけで十分と言っているわけではありません。

もちろん、医療機関の助けを必要とするカップルもいます。

そのような方たちには信頼できる医師との出会いがとても大切です。

私は不妊治療を否定するつもりはまったくありません。

たとえば卵管が両方とも完全に閉塞しているのなら,ベジママで自然妊娠は物理的に不可能です。

このような方は速やかに信頼できる不妊治療の先生を紹介しています。

ですから、私のカウンセリングを受けに来られ、専門的な不妊治療が必要であると判断して、紹介状を書いた方は大勢います。

さて、こうした大前提をふまえたうえでもう一度、「不必要な不妊治療は避けるべきだ」と、言いたいと思います。

そして、不妊治療のドアをノックする前にこのサイトをまずはゆったりと読んでみてください。

すでに不妊治療を受けている方も、ご自身の治療をより客観的に振り返るきっかけにしてください。

次にあげるチェックリストは、不妊治療に進むべきかどうか、ひとつの判断材料になるでしょう。

その上で、不妊治療が必要だと思われるのなら、ご夫婦の心をひとつにして、医療機関のドアをノックすればよいでしょう。

その場合でも医師があなたがたの「妊娠体質」を高める手助けをしてくれる、そんな思いで治療にのぞんでほしいと思います。

「更年期の基礎知識」

·更年期チェックリスト更年期になると、心身にさまざまな症状が現れてきます。

以下にあげたのは、更年期の代表的な症状です。

現れ方や程度は人さまざまですが、こうした症状に3個以上該当したら、そろそろ更年期に入っているかもしれません。

□急に大量の汗が出ることがある。

□突然顔がカーッと熱くなることがある。

□めまいや耳鳴りがする。

□手足や腰が冷える。

□寝つきが悪く、熟睡できない。

□ひどい肩こりがする。

□動悸や息切れがする。

□頭が重い,頭痛がする。

□疲れやすい。

□夕方になると足がだるくなってむくんだり、かゆくなったりする。

□皮膚がピリピリしたり、蟻が這っているような感じがする。

□皮膚がカサつく·かゆい。

□口が渇く。

[トイレが近い,尿もれがある。

□何もする気が起こらず、人に会うのがおっくう。

□物事を悪い方向にばかり考えてしまう。

□ちょっとしたことでイライラする。

女性らしく男性らしくあることが生きるエネルギーになる。

吉田男性にも更年期があるという話を最近耳にしますが、それも女性と同じで、性ホルモンの減少が関係しているんですか。

田村更年期の女性にホルモンを補充すると、元気が出ます。

ホルモンは、いわば元気の素なんです。

これは、男性ホルモンも同じこと。

私のクリニックでは男性の更年期も扱っていますが、男性ホルモンが低下してくると、女性と同じような症状が出てくるんですね。

で、そうした症状がある男性に、ご本人の許可を得て男性ホルモンの注射をしてみたんです。

そうすると、とても元気になられます。

かすんでいた目がしっかり見えてきて、夜もよく眠れるようになって、疲れも早く取れる。

すごく喜んでくれました。

一般的な概念では、男性ホルモンには、攻撃的で闘争的にさせる作用があるということになっています。

私自身にもそういう印象があったものだから、治療に使ったらどうなるのかと、少し不安もあったんです。

家に帰って暴力的になられても困るなとか、女の人をあちこちでナンパしたりしないだろうかとか(笑)。

ところが,ぜんぜんそうじゃないんですね。

攻撃的どころか、ものすごくやさしくなった。

イライラしなくなって、奥さんに対しても子どもさんに対しても、いつもより機嫌がよくなったというんです。

本当にしあわせそうでした。

吉田女性ホルモンも男性ホルモンも、私たちにとって本当に大切な働きをしているんですね。

男も女も、子どもを作らない年齢になったら、もうホルモンなんかいらないんじゃないかって思うじゃないですか。

それって大きな間違いということですね。

田村性ホルモンって今でこそ認知されているけど、以前はなんとなく淫靡な感じがして「今さら色気を出してどうするんだ」みたいに思われていた面がありますよね。

でもそんなこと、とんでもない女性らしさ、男性らしさは、元気の素だし、やさしさの素でもあるんです。

吉田老人になっても女性らしかったり男性らしかったりすると、昔は嫌がられましたよね。

「色気ジジイ」とか「色気ババア」なんてひどい言い方をされて……。

昔はみんな早く死んでいたから、いつまでも女性性や男性性を保っていることに対してマイナスイメージがあったけれど、今は100歳まで生きる時代。

早々に枯れちゃつたらつまらないし、元気も出ない。

女性らしく、男性らしくあることは、生きていくうえでの大事なエネルギーになると思うんです。

田村女性としては、男の人にはいつまでもセクシュアリティーを失わないで欲しいですよね。

気も何もないじいさんばかりじゃうんざりだわ」って、うちの患者さんも言ってます(笑)。

吉田年をとってもワクワクドキドキすることはすごくいいことだと思います。

老人ホームで聞いたんですけど、かっこいいおじいちゃんが1人入ってくると、おばあちゃんたちがみんなきちんと身づくろいをするようになって、きれいになるんですって。

お化粧もはじめたりして。

そうすると気持ちのほうもシャンとしてきて、もの忘れをしなくなったり、身の回りを整理整頓したり。

でも、そのおじいちやんが亡くなったら、次の日からみんなまた気が抜けたようになっちやうらしいです。

田村性の問題で言えばいくつになっても枯れることはない。

やっぱりすてきな男性がいれば、いくつの女性でも「いいな」と思うし、男性でもそうです。

吉田人を元気にするエネルギーってありますよね。

異性を「いいな」って思うこともそうだし、アイメイクをして「きれいになった!」と思うこともそう。

小さなときめきや喜びが人生を輝かせてくれると思うんです。

田村本当にそうね。

吉田さんのアイメイクは、更年期からポスト更年期へ、そして老年期の重要な代替医療だと私は考えています。

がんばってください。

マイナスの印象を与える目元とは?目がコンプレックスに

目元の印象はその人のイメージにつながります。

生き生きと魅力的に見せてくれることもあれば、逆に、目元の印象によってマイナスのイメージを人に与えてしまうこともあります。

「生まれつき目の下に深いシワがあって、高校生の頃から”おばさん”と呼ばれていました」

「腫れぼったい目のせいか、いつも”眠そう””ぼんやりしている”と言われて」

「目の下のクマのせいで、不健康とか、陰気そうに見られがちです

クリニックにいらっしゃった方々の声です。

目の悩みは、一重まぶた、細い、小さい、下がり目、釣り目と言ったことから、目の周りのたるみ、くすみ、シワ、クマ、黒ずみなど様々です。

生まれながらのもの、環境や生活習慣などによる固定的なもの、加齢によるもの、あるいはその時々の体調によって生じるものなど、その原因もいろいろです。

※自分に自信が持てない

いずれにしても、目元の印象だけで、本来の自分のキャラクターとは異なるマイナスのイメージが出来上がるとしたら、ちょっと残念ですね。

目元の悩みがコンプレックスとなって、人と麺と向かって話せない、消極的になる、自分に自信が持てない。

そのことにより、表情そのものも輝きを失い、ますます暗いイメージになると言う悪循環。

どんな目元がいいか、悪いか、ということではありません。

ただ、目元がいかに「その人のイメージ」に大きく関わるか、顔の印象を決める大きなポイントになるか、よく知って欲しいと思うのです。

毎朝の習慣

私の知っているある女性の話をしましょう。

30代のとても有能なビジネスウーマンです。

彼女が朝起きて最初に必ずすることがあります。

それは鏡の中の自分の顔見ることです。

メイクのためではありません。

鏡に映る素顔を観察するのです。

それも、「目元」を中心に念入りに。

充血していないか。

目の周りのツヤや針は…?

その後目を大きく見開いてあり、微笑んでみたり。

疲労の蓄積や睡眠不足が続くと、目の下にクマができたり、目の周りの皮膚がツヤを失ったりします。

仕事上の心配やストレスがある時も、目に力がなく、表情もさえない。

一方、調子がいいときは、目元もスッキリ。

毎日の心身のコンディションを、彼女は目元でチェックしているのです。

目元にはその時の自分の状態が反映される。

目元を見れば日々の過ごし方や生活リズムの反省点も見えてくる。

そして、

「よし、今日も元気」
「ちょっと疲れ気味だけど、がんばるぞ!」

と言う具合に、鏡の中の自分に声をかけるのだそうです。

※愛され信頼される目

そんな彼女は、いつあっても、はつらつと元気で輝くような目をしています。

表情も豊かです。

微笑むときの目元は柔らかく、真剣な話をするときは、一転、目に力がこもる。

その根本に彼女の人となりが表れているようで、相手を明るい気分にさせ、仕事の面でも大きな信頼を得ているのではないかと思います。

まさに「目元美人」なのです。

第一印象は目元から

目の動きやまなざしにはその人の感情が現れます。

けれど、それだけではありません。

瞳はそれを包む目の周り全体を指して「目元」と言いますが、目元の印象はそのまま、その人のイメージにつながるのです。

キリリとした目元、優しげな目元、愛嬌のある目元…。

これらはそれぞれ、凛とした雰囲気、心優しさ、かわいらしさと結びつきます。

第一印象は目元で決まる、といっても良いことです。

※きれいな人は目元も魅力的

女性に「メイクをする時、どこに1番時間をかけますか?」と質問すると、必ず「目元」という答えが返ってきます。

オフィスではシャープに見えるように、一方、フェミニンなドレスを着たときには華やかにと、その時々の出演ションやファッションに合わせてアイメイクを変える方も多いようです。

つまりこれも、目元の演出がその人の印象やイメージを決める大きなポイントになることを意識してのことでしょう。

生き生きとした表情作るのも、目元次第。

感情豊かに語る女、その動きを際立たせ、美しく見せる目元。

きれいな人は、目元も魅力的です。

人は一日にどのくらい、自分の顔を見るのでしょう。

朝起きて顔を洗うとき。

外出する前の鏡チェック。

電車の窓に映る顔。

オフィスの洗面所で…

女性ならば、その頻度は男性以上でしょう。

そんなふうに私たちは常に自分の顔と向き合っています。

長年親しんだ自分の顔。

もう少し鼻が高かったら、顎が細かったら、などなど不満はあるにしても、そこは何とか折り合いをつけながら、たいていの人は自分の顔に愛着を持ち得るものです。

そんな自分の顔にマイナスの変化を見つけたら…?

中でも要望に大きな影響与えるのが、目の周囲の変化です。

露出している顔の中で、最も目立つのが目です。

その目の周りにクマやたるみが生じると、顔立ちは大きく変わります。

日々、何度も目にするだけに、気になり始めたら、絶えず気になってしまう。

自分の顔への不安は、人に顔見られることへの恐れでもあります。

目元のコンプレックスは大きく、悩みはとても深いものです。

ある日、来院をした女性の診察をしていたときのことです。

その女性は、上のまぶたのたるみが目立ち、その上には凹みがありました。

目の下にもたるみやクマがあります。

カウンセリングの途中で突然、彼女は私にこう聞いてきました。

「先生、私の事、わからないですか。覚えていません?」

「…?」

心当たりはありません。

「私、▼▼と言います」

記入してもらった問診票の氏名欄を改めて見直、はっと気づきました。

「△ △さん!」

その昔、通っていた語学教室でいつも顔を合わせていたクラスメイトでした。

20年ぶりの再会です。

それにしても、年月が経ったとは言え、大人になってからの知り合いで、しかも私は仕事柄、人の顔を見る専門家です。

それなのに、旧知の相手の顔がわからないとは…。

当時美人で、いつもはつらつとしていた彼女。

けれど、目の前の女性は、実年齢よりもずっと老けていて、昔の面影はありません。

年月の経過を差し引いても同一人物とは思えない。

目元のクマ、たるみが、そのくらい彼女の要望や顔の印象を変えていたのです。

その後、彼女は治療によって、すっきりとした明るい目元と、以前の美しさ、そして自信を取り戻しました。

聞けば、それをきっかけに、それまでの生活に区切りをつけ、50歳にして新たな一歩を踏み出すことができたのだとか。

大袈裟ではなく、目元の変化が彼女の人生までも変えたのです。

今、彼女は毎日、鏡を見るのがとても楽しいそうです。

その彼女が私にこう言いました。

「目のクマやたるみによって、どんなに気持ちが後ろ向きになるか。

逆に、アイキララの効果で目元のコンプレックスから解放されると、自信が出て毎日が楽しくなる…。

先生、もっとたくさんの人に目元がいかに大事かを伝えてあげてください。

たかが目元、では無いのだと。

そして、悩んでいる人を助けてあげて」

長年、数多くの人たちの治療に当たってきた専門家として、目元の重要性については誰よりも熟知しています。

そのことを機会あるごとに発信してきたつもりですが、今回、彼女のそんな言葉に後押しされるようにして、より多くの方に目元への関心を深めて頂こと、当サイトを作ることにしました。

日常のケアや生活習慣の注意点から、根本的な治療とその具体的な方法まで、わかりやすくこのサイトに載せたつもりです。

目元の悩みやコンプレックスとさよならし、生き生きと充実した毎日を送るための一助となることを願います。

目は口ほどにものを言う・目で表情生き生き

じっと見つめられて、ドキドキする。

チロリとにらまれて、ぞっとする。

同じ強い視線でも、受ける印象が違うのは、目にはその人の感情が現れているからですよね。

言葉を発しなくても目は気持ちを伝えます。

私は毎日クリニックで患者さん達と接しています。

初めて相談に見えた人、これから手術を受ける人、術後の経過チェックにいらした人など。

例えば、初めてクリニックを訪れた方だと、最初は不安そうだったのが、私と話をするうちに次第に緊張がほぐれ、リラックスし、そのうち、晴れ晴れとしたような笑顔になる。

そういった感情の変化は、患者さんの態度や会話からも判断できますが、何より雄弁に物語るのは「目」です。

人の顔の中で1番豊かな動きを見せるのが目なのですから。

目を見開く、輝かせる、閉じる、かげらせる、瞬きする。

視線を注ぐ、そらす、外す…目の表情はなんと多彩なのでしょう。

目はコミニケーションの要

私たちは人と話すとき、無意識に相手の「目の辺り」を見ています。

真っ正面から見つめると言うのでなくても、目のあたりの動きや変化を捉えながら、相手の気持ちを推し量ったり、心の動きを判断しているのです。

まさに「目は心」「目は口ほどにものを言う」わけで、人とのコミニケーションに置いて、目はとても大きな役割を果たしています。

サングラスをかけている人と会いたいしていると、どこか不安な気持ちになるのは、隠されためにより、相手の感情読み取ることができないからでしょう。